転職/退職

【たった3つ】転職で後悔する人の特徴とその理由

【たった3つ】転職で後悔する人の特徴とその理由
読者
転職したいけど、後悔しないか不安・・・
読者
転職で後悔する人の特徴やその理由って何だろう?

そんな疑問にお答えします。

本記事の信頼性

はぐれガラスの記事の信頼性

はぐれがらす(@hagure_garasu

転職活動をしていると、本当に転職するべきなのか不安になってしまうことがあります。

「本当に自分は今の会社をやめるべきなのか?」

「転職後の会社の方が、今よりブラックな環境なのではないだろうか?」

管理人
私自身、転職を経験した身なので、そのような不安を感じるのもよくわかります。

そこで、この記事では転職をして後悔してしまう人の特徴とその理由について解説します。

この記事を読むことで転職への不安が解消され、後悔しない転職が可能になるので、まずはご一読を!

転職して後悔する主な理由は3つ!

転職をするからには失敗したくないのが本音ですよね。

今後の人生に大きく関わることなのですから、当然といえば当然です。

それでは、転職して後悔してしまう主な理由を3つ紹介します。

転職して後悔してしまう理由3つ

  • 社風や職場の雰囲気が自分に合わない
  • 給料・ボーナスの待遇が聞いていた話と異なる
  • 思っていた仕事と異なる

社風や職場の雰囲気が自分に合わない

社風に違和感を覚えたり、職場の雰囲気が自分に合わないと働きづらくなります。

あなたがまず出会うのは応募した企業の面接官でしょう。

面接官は人事部の人が担当することが多く、とても愛想が良い人ばかりです。

そのせいもあり、会社の人全員が温かみのある良い人と思い込みがちですが、それは早計かもしれません。

あなたが配属される部署の人は、”暗い・感じが悪い”という可能性もあります。
その場合は、精神的に辛い思いをするかもしれません。

残念ながら社内の雰囲気は、入社前の段階で知ることはほとんどできません。

自分の上司となる人が面接官を担当する場合も多いので、その人柄などをよく確認しましょう。

面接の時点で違和感を感じたら、その会社は避けた方が無難です。

給料・ボーナスの待遇が聞いていた話と異なる

いざ入社してみたら、勤務時間が思っていた以上に長かったり、給料・賞与の伸びが悪かったという話はよくあります。

入社前に実際に働く人に話を聞くなど、現場の生の声をきくことも重要です。

自分と会社の理解にズレがないか必ず確認しましょう!

ポイント

内定すると「労働条件通知書」をもらえます。

「労働条件通知書」は労働者に対して伝えなければならない事項を記載した文書です。

求人票や面接で話した内容と相違が無いかチェックしましょう!

思っていた仕事と異なる

思っていた仕事と違う仕事内容でやりがいをもてないという話も良く耳にします。

「本当はもっと裁量権のある仕事がしたかったのに、単純作業ばっかり・・・」

「簡単な仕事だと聞いていたのに、覚えることが山のようにあってかなりハード」

あなたが行う仕事がどれほどの難易度か、自分のスキルとマッチしているか、面接の時点でしっかりと確認しておきましょう。

会社に関する情報収集をしっかり行い、自己分析も徹底して行いましょう。

「本当に自分がやりたいことは何か?」

「何を最も優先すべきなのか?」

自分の経歴・スキルも踏まえて、よく考えましょう。

原因はこれ!転職して後悔する人の特徴3つ

転職して後悔する人の特徴(属性)は次の3つです。

転職して後悔する人の特徴3つ

  • 転職する理由がネガティブすぎる
  • 転職先の情報収集がいい加減
  • スキル不足

転職理由がネガティブすぎる

転職理由が自分のキャリアアップのためのようにポジティブなものでない場合、負の感情だけで安易に転職活動を行いがちです

転職先で少しでも気に入らないことがあると、また嫌になってすぐに転職を繰り返してしまう人(ジョブホッパー)もいます。

どうしても今の環境から抜け出したい場合はネガティブな理由で転職しても構いません。

初めての転職の場合、むしろその方が多いでしょう。

しかし、2回目以降はポジティブな転職ができるように心がけるべきです。

転職先の情報収集がいい加減

転職活動が長引いてしまうと「もう、どこでもいいから早く内定が欲しい!」という焦りが生じます。

運よく転職先から内定をもらっても、後から仕事内容や条件に不満を持つケースも多いです。

自分が実際にする仕事はどのようなものか、転職先の将来性、給与などの条件面を総合的に評価する必要があります。

スキル不足

転職後に自分のスキルが周りの人より劣っていると、「自分は本来この会社に入れるレベルでは無かったんだ」と卑下してしまいがちです。

自分の能力以上の会社を選んで、運よく入社できても、あまりにも能力差があるとそのことに気兼ねしてしまい、再び転職活動をするハメになることもあります。

面接では少し自分を大きく見せることも重要です。

しかし、あまりにも大きく見せてしまうと、あとあと”自分でかけたプレッシャー”に押しつぶされてしまうこともあります。

見栄を張らず、等身大の自分を受け入れてくれる会社を選ぶようにしましょう。

転職を失敗させない!5つの対策

上記で紹介したような転職の失敗を防ぐには、どのように対策したら良いでしょうか。

ここまでで紹介した失敗理由を元にした、5つの対策を紹介します。

転職に失敗しないための対策5つ

  • 本当に転職する必要があるかよく考える
  • 自己分析を怠らない
  • 企業分析を怠らない
  • 自分の市場価値を意識する
  • キャリアパスを考える

本当に転職する必要があるかよく考える

管理人
転職を考えているのに、元も子もありませんが・・・

あなたはきっと今の会社に何かしらの不満を持っているでしょう。

しかし、その不満は転職しないと解決できないものなのでしょうか?
一度よく立ち止まって考えてましょう。

それでも転職をしたいと思うのであれば、その原因を分析する必要があります。

原因がわからないと、次の会社でも同じことを繰り返してしまうかもしれないからです。

今の部署が嫌なだけなら、異動届を出すだけでも済む話です。

他の会社に転職しなければならない明確な理由を答えられますか?

もし、答えがNoなら転職をする必要はないはずです。

自己分析をする

転職活動で最も重要とも言える自己分析

なぜその企業に入りたいのか、自分の理想とする仕事や生き方は何なのか、自分の強みを活かせるのか分析することが非常に重要です。

自分の得意なこと、苦手なこと、働く上で大切にしたいこと等を整理しましょう。

自己分析を重ねると、今まで気づかなかった自分の内面を知ることができ、関心のある業界や職種の幅が広がる可能性もあります。

業界・企業分析を徹底する

転職したい業界・企業について分析するのは最低限行うべきことです。

「業界は将来性があるのか」

「企業に悪い噂はないか」

このような視点で分析することも大切です。

徹底した業界・企業分析をすることで一貫した転職理由・志望動機も作ることができます。

自分の市場価値を意識する

ひとつの会社に勤めているとわからなくなるのが自分の市場価値。

本当はもっと高い年収で雇ってくれる会社があるかもしれません。

管理人
もちろんその逆のパターンもあることは言うまでもありませんが(笑)

自分では大したことのないスキルだと思っていても、他の企業からしたら喉から手が出るほど欲しいスキルをあなたは持っているかもしれません。

自分の市場価値を知ることは転職活動を行う上で必須です。

転職エージェントやミイダスのような市場価値判定サイトを用いて、自分の価値を知っておきましょう。

>>【2021】超定番!登録したい”おすすめ”の転職エージェント3選
>>【一生貧乏!?】転職して市場価値を高めないと生き残れない時代

キャリアパスを明確にする

キャリアパスとは、あなたの目標となる職業や職務に向かうための道筋です。

あなたの理想や目標を具体的にイメージし、紙に書いてみましょう!

そして、到達するまでに必要なことを洗い出してみましょう。

キャリアパスを明確にすることで、ブレが無くなり、自信を持って前へ進むことができます。

後悔しない転職をして、良い将来を掴む!

転職で後悔する人の特徴とその理由について解説しました。

転職はあなたの人生を豊かにしてくれる可能性がある一方、一時の感情に左右されると後悔することもあります

自分の転職理由は妥当か、いま一度よく考えてみましょう。

判断が難しい場合は、転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。

「どの転職エージェントを登録すればいいんだろう・・・?」

こんな悩みを抱えるあなたへ!
この記事に書いてある転職エージェントを選べばまず間違いありません。

無料で登録できますし、無理やりに転職を勧めることも、最近では少なくなっています。

現在の転職市場についても詳細に教えてくれるので、自分一人で悩むより相談した方が効率的に転職活動を行えます。

その上で、転職をする必要性が無いとわかれば、今の会社で頑張ればよいのです。

管理人
コメントをいただければ私から回答をすることもできますので、気兼ねなくご連絡ください!
おすすめ記事
【大嘘】新卒が3年以内に転職するのはダメ?⇒全く問題なし!

↓参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです。


転職・キャリアランキング

-転職/退職
-

© 2021 はぐれガラスは今日も啼く