トピックと考え

【福原愛の不倫疑惑・離婚の危機】なぜ不倫報道は後を絶たないのか?

scandal
読者
不倫報道っていつの時代も大きく取り上げられるよね。
何でだろう?

そんな疑問にお答えします。

福原愛の不倫疑惑・離婚の危機を受けて考えたいこと

世の中を騒がせる不倫報道。

いつの時代でも、マスコミに大きく取り上げられ、様々な意見・憶測・批判がなされます。

今、世間を大きく騒がせているのは、元卓球選手の福原愛さんの不倫疑惑でしょう。

台湾にお子さんを置いて、日本で間男とお泊りデートしていたことが発覚し、世間から大バッシングを受けていました。

その後どのような展開になるか気になっていた方は多いと思いますが、2021年4月23日、卓球元台湾代表の江宏傑さんが、台湾の裁判所に離婚を請求したと台湾の現地メディアが報じました。

不倫報道については、他にもアンジャッシュ渡部・佐々木希夫妻のものが記憶に新しいでしょう。

さて、この記事では別に彼ら・彼女らが行ったことを追求したいわけではありません。

なぜ日頃から不倫の話題が取り上げられるかということを考えていただきたいのです。

それは、視聴者に需要があるからです。

本記事の信頼性

はぐれガラスの記事の信頼性

はぐれがらす(@hagure_garasu

不倫問題はあくまで当事者の問題

もちろん、不倫そのものは褒められた行為ではありません。

不倫された側にとっては最悪のことでしょうし、同情する余地はあります。

しかし、連日報道し続けるほどの内容で無いことは明らかです。

本来、不倫は当事者のみの問題であり、外野が口を挟むことではないはずです。

確かに不倫を”した側”は、配偶者や家族などの信用を裏切っているので最低だと思います。

理性を抑えられない”ダメ人間”というレッテルを貼られても仕方ないでしょう。

けれども、赤の他人である私たちにとっては関係のない話ですよね?

普段彼らに会うわけでもありませんし、私たちの周りの環境が変わることもないでしょう。

それなのに「一生顔も見たくないほど憎い!」かのごとく、当事者を非難する人の多いこと!

落ち着いて考えてみましょう。

彼ら・彼女らが不倫をしていたからといって、あなたに直接不利益になるようなことは何もないはずです。

あくまで不倫問題は彼・彼女の課題ですよ。

スポンサーやその関係者こそ、本来の被害者

不倫された人はもちろん被害者にあたります。

しかし、他に被害者はいるのでしょうか?

あえて挙げるとしたら、スポンサーや関係者の人たちでしょう。

スポンサーにとってしてみたら、最悪ですよね。

もし、その人がテレビ出演していたら、それまでに制作したものが使えなくなる可能性があります。

CMはもちろん、ネット上で使用される広告も全部修正・削除することになりかねません。

広告と言うのは莫大な費用がかかるので、その影響は大きいです。

仮に、事務所などから賠償金を支払われたとしても、本来稼げていたかもしれない金額を失っている可能性はあります。

何より、生産性のない余計な仕事をしなくてはならないので、関係者のモチベーションもダダ下がりですよね。

「形はどうであれ、誰かの仕事が増えるということは良いことではないの?」
という意見もあるかもしれませんが、もう一度言います。

生産性が低いのです。

こんなことで余計な仕事が増えたところで、世の中は全く良くならないし、無駄でしかありません。

ジレンマ

テレビ局にしてみれば、再制作という余計な仕事が増える一方で
不倫報道そのものにより視聴率が取れるので、ジレンマがあります。

しかし、いずれにせよ健全な生産性の上げ方ではないことは確かです。

なぜ不倫報道がなくならないのか?

結論としては、需要があるからです。

マスメディアは、連日のように不倫問題を取り上げ
不倫に至った経緯を事細かに私たち視聴者に向けて報じます。

参考

それはゴシップ誌も同様です。
芸能人であれば、何を書いても問題ないと開き直っている節すらあります。

マスメディアは、不倫当事者の背後にいる人たちのことなど何も考えず
ただ視聴率・売上増のためだけに、センセーショナルに不倫報道をしまくります。

しかし元を辿ると、このような不倫報道が後を絶たないのは
ひとえに世の中の人が望んでいるからです。

それらに興味を持つ人がいて取り上げると
”お金になる”から無くならないのです。

  • 不倫報道で視聴率上昇
  • 広告が見られる機会が増える
  • 成果があがると、広告主からお金が貰える

以上のステップが繰り返されるため、やめるにやめられなくなります。

ポイント

視聴者の不快感・憤りが、ただの金儲けに利用されているということを理解しましょう。

多くの人は”簡単に理解できること”にしか興味をもてない

マスメディアに問題があるかのように書きましたが、視聴者・読者にも大きな問題があります。

そもそも、どういったものがニュースとして注目を集めるのでしょうか?

それは、頭を使わなくても、理解できる内容”です。

管理人
さらにセンセーショナルな内容だったり、道徳・モラルが関わる事ならより興味を惹くでしょう。

そういう意味では、不倫はもってこいの題材です。

逆に興味を惹かない例はどのようなものがあるでしょうか?

ノーベル賞の受賞内容などが良い例だと思います。

例えば、「日本人の○○さんがノーベル物理学賞を受賞した」という報道があっても
その中身は一般人には到底理解できませんよね。

ほとんどの人は、理解しようとも思わないでしょう。

肝心の受賞内容よりも、受賞者のキャラクター紹介などの方が多いことはないですか?

あとは、お涙頂戴のサクセスストーリーなんかも多いですね。

これは製作者側も意図的に行っていることです。

知的レベルの高い内容は一般人には理解できないから
そのような報道をしているのです。

読者
要は、舐められているということですね・・・

人の不幸は蜜の味。

悲しいことに、人は他人と比較しなければ幸せを感じられません。

関連記事
独身は人間性に問題があるのか?比較(カテゴライズ)が差別を生む

例えば、あなたが
「自分の家が少し狭くて不満がある」
とします。

しかし
「自分の周りの人全員が、段ボールで雨風を防いでいる」
という光景を想像してみてください。

その時、あなたは
自分は恵まれている、幸せだ
と感じるのではないでしょうか?

家が狭くて不満ということすら忘れてしまうかもしれません。

一方、自分の周りにいる人が、超綺麗なタワーマンションに住んでいて、タクシーの送り迎えは当たり前、超絶リッチな生活を送っていたら、あなたはどう思いますか?

きっと
自分はなんて不幸なんだろう・・・
と、惨めに思うはずです。

周りが全く同じような環境の場合は、幸せとも、不幸とも思わないでしょう。

ポイント

「幸せ」のような主観的で曖昧なものに対して、人は他者との比較によってしか判断ができません

不倫について話を戻しましょう。

不倫自体は、自ら招いた問題であるので、当事者の責任であることは間違いありません。

しかし、有名人が不倫を犯し、転落していく様を見るのに無意識に快感を得ている人もいるのは事実です。

それが、不倫報道の需要にも繋がっていると考えられます。

最後に

今回は不倫報道に関して私なりの意見を述べました。

ネットではここぞとばかりに
何か道を踏み外した人に対して
「これでもか!」というくらい辛辣な言葉を浴びせています。

”人間”を”人間”として扱わないレベルで罵詈雑言を吐き散らかしています。

そういう発言・投稿を目にすると
その人は一体どんな聖人君子であるのかと首を傾げたくなります。

その人は、人をこき下ろすことが許されるぐらい完璧な人間なのでしょうか?

この記事が、少しでも世の中のあり方について考える一助になれば幸いです。

↓参加しています!
クリックしていただけると嬉しいです。


転職・キャリアランキング

-トピックと考え
-,

© 2021 はぐれガラスは今日も啼く